脱毛前後の飲酒はNG!理由と対処法

サロンや医療機関などで脱毛を受ける前と受けた後の飲酒は基本的に禁止されています。特に脱毛前に飲酒した場合、施術そのものが受けられなくなる可能性があります。サロンや医療機関で施術を受ける前に、なぜ飲酒が禁止されているのか、その理由を把握しておくようにしましょう。

またもしも飲酒により副作用が出た場合、正しい処置を行うことが大切です。事前に処置の方法も知っておきましょう。

脱毛の前に飲酒を行ってはいけない理由

サロンや医療機関では施術を受ける前の飲酒を禁止しています。なぜなら、飲酒すると血行が促進されるからです。血行が促進されると刺激を感じやすくなり、施術中に痛みが走ることがあります。また脱毛が終わった後に炎症や赤みにつながることもあります。

つまり飲酒により血行が促進されると、副作用が生じやすくなるのです。さらに飲酒が脱毛に及ぼす悪影響はこれだけではありません。血行が促進されると体温も上昇します。皮膚に含まれる水分は蒸発し、皮膚は乾燥状態になります。

皮膚が乾燥するとバリア機能も低下してしまうので、脱毛中に痛み等が生じるようになるのです。

施術を断られる可能性も

サロンや医療機関で脱毛の施術を受ける前に飲酒した場合、施術そのものが断られる可能性があります。血行が促進された状態で施術を行うと、痛み・肌の赤み・炎症等につながる恐れが高いからです。もし痛みを少しでも減らそうと毛に当てる光やレーザーの強さを弱めてしまうと、十分な効果が得られなくなってしまいます。

サロンで行われる光脱毛や医療機関で行われるレーザー脱毛は、メラニン色素に熱を持たせることで毛根に負荷を与え、毛が生えるスピードを弱めます。この時与える光やレーザーの強さが弱いと、その分毛根に与える負荷も少なくなります。

毛根に与える負荷が小さければ、その分毛根は早く回復します。毛根が回復すると毛の成長するスピードも変わらなくなるので、脱毛の効果が薄れてしまうのです。このように施術前に飲酒してしまうと、施術を行ったとしても十分な効果を得ることができなくなってしまいます。

そのため場合によっては施術そのものが断られてしまう場合もあります。

脱毛後の飲酒で生じる副作用

脱毛前に飲酒すると血行が促進され、痛みなどにつながる恐れがあります。さらに脱毛後の飲酒も肌に副作用を及ぼす可能性が高まるので、避けなければなりません。脱毛すると、皮膚には少なからず負荷がかかっています。

例えば光脱毛やレーザー脱毛は光やレーザーを毛に当てますが、皮膚にも光やレーザーは当たっています。カミソリや電気シェーバーで毛を剃る時も皮膚に少なからず刺激があります。脱毛は毛だけでなく、皮膚にも影響を及ぼすのです。

脱毛後に飲酒すると、血行が促進されます。肌に負荷がかかっている状態で血行が促進されると炎症や赤みが起きやすくなります。また人によってはやけどのような症状になる場合もあります。

副作用の対処方法

脱毛後の飲酒によって炎症・赤みが生じた場合、できるだけ早めに症状を抑えることが大切です。炎症を抑えるためには、まず軟膏を塗るようにしましょう。炎症は免疫機能の反応によって起こります。

軟膏を塗ることにより免疫機能の働きが弱まり、炎症を抑えることができるのです。軟膏や炎症を抑える薬はサロンや医療機関等から処方される場合があります。もし処方されている場合はその薬を使うようにしましょう。また炎症や赤みは血行が促進されることで起きるので、炎症や赤みを抑えるためには氷などで冷やすことも有効です。

ただし氷で冷やす場合は、直接冷やすと霜焼けなどにつながる恐れがあります。氷で冷やす場合はタオルやハンカチなどをあてるようにします。できるだけ安静に過ごし、血流の流れを抑えるように心がけましょう。

副作用を防ぐために

副作用を防ぐためには、飲酒しないことが最も重要です。

けれども、人によっては急に飲酒の予定が入ってしまうこともあるでしょう。その場合は、炎症や赤みを防ぐために肌のバリア機能を高めるようにしましょう。肌の炎症や赤みは血行が促進され、肌が乾燥することで起こりやすくなります。

肌の乾燥を防ぐことができれば、炎症や赤みも起こりにくくなるのです。肌の乾燥を防ぐためには、保湿が有効です。脱毛を行った後に保湿クリームを塗るなどして、できるだけ乾燥を防ぐようにしましょう。また肌表面を濡らしたままにしていると、肌表面に付着した水分と一緒に肌内部に含まれた水分も蒸発してしまいます。

汗やシャワー等、皮膚表面に水分が付着している場合は水分を優しく拭き取り、できるだけ蒸発しない環境を作ることが大切です。

飲み会と専門機関での施術日が重なったら

もし飲み会と専門機関での脱毛の施術日が重なった場合は、どちらかを優先させるようにします。脱毛前に飲酒してしまうと、脱毛の施術時に痛みなどが生じる恐れがあります。一方脱毛後に飲酒すると、皮膚の赤みや炎症につながる恐れがあります。

もし飲酒の予定が事前に分かっていて、予定の変更が難しい場合は脱毛の日を変更するようにしましょう。もし日頃から飲み会等予定が入りやすい場合は、できるだけ予約が取りやすく、予約の変更も行いやすい場所に通うのがおすすめです。

この時、キャンセル料なども事前に確認しておきます。

痛くない脱毛法ってある?痛みが嫌な人におすすめな脱毛法はこれだ!

脱毛前後はどの程度間隔を空けるべき?

脱毛前後に飲酒すると、肌に様々な副作用が生じます。そのため脱毛前後は飲酒を避ける必要があります。サロンや医療機関等の注意書きを見ると、脱毛の前後12時間程度は間隔を空けるように書かれていることが多いです。詳細-脱毛おすすめ安い

ただし人によってどの程度間隔を空けるべきかは異なります。

前後1日は間隔を空けておくと安心でしょう。

当日は血行を促進させる行為がNG

脱毛前後の飲酒は禁止されています。それは血行が促進されると、肌に痛み・赤み・炎症が生じるからです。そして血行を促進させる行為は飲酒だけではありません。例えば運動や入浴は身体を温め、血行を促進させる効果があります。

そのため脱毛当日は運動や入浴も避けるようにしましょう。なお汗や汚れなどが気になる場合は、シャワーに留めておきます。あまり熱いお湯はかけず、ぬるめのお湯でさっと流す程度にとどめておきましょう。サウナや鍋など発汗を促す作用があるものも体を温め、血行を促進する効果があるので、脱毛前後は避けるようにします。

このように飲酒以外にも血行を促進させる行為は様々なものが挙げられます。脱毛前後は血行が良くなる行為をできるだけ避け、安静に過ごすようにしましょう。

投稿日: